ペット保健に加入する時に注意する点と費用やサポートの内容

ペット保健に加入時の注意点
ペット保険加入までの期間

ペット保険加入までの期間

ペット保険の加入時前に押さえておきたい注意点というのがいくつか存在ます。 しっかりとペット保険の加入時前に必要な注意点を押さえて、加入するようにしましょう。 まず、ペット保健の加入時前に知っておきたい注意点として、保険にはすぐに入れる訳ではなく、 ペット保健には通常、審査や条件があって依頼してからペット保健の加入までの手続きに時間がかかるという 注意点を押さえる必要があります。

ペット保健の加入時前の大きな注意点で、条件に問題がないか、最初に自分で確認しておくと とよいです。ペット保健の申込はネットから申し込むと加入時前に審査や条件に関する必要知識や 注意点が先に確認が出来るので便利です。ただ、ネットからペット保健の加入をの申し込みをする場合の注意点は すぐに申し込みを行わず、資料請求を行い、ネット上だけでなく、資料でも診査や条件などの注意点 を確認しておくことも重要です。

また、ペット保健の加入時の注意点として、ペット保健会社によってはペットの写真が必要だったり、 獣医の診断書等の書類が必要なケースもあり、会社により必要書類も変わってくるので、 早い流れで加入時の手続きを進めたいのであれば、事前に希望のペット保険会社に提出する書類に 不備がないよう確認し、揃えておく必要がある事もペット保健加入時の注意点として 覚えて置きましょう。

希望のペット保険会社の加入時に必要な書類を揃えて提出し、正式に加入証書が届いたのちにやっと ペット保健の加入時の審査が終わった事になるのです。まず、このペット保険加入時には 診査に必要な期間があり、事前準備が必要だという注意点をしっかり押さえておきましょう。


ペット保険の加入条件の例

ペット保険の加入条件の例

ペット保健の加入時に加入条件はペット保健会社により異なることも注意点として押さえましょう。 ほぼどのペット保健会社の加入時で同様な条件は1年以内にワクチンを注射の経験があること。 ワクチンは犬であれば、狂犬病のワクチン、5種以上の混合ワクチンを打っている事、更に 猫のペット保健の加入時には3種類以上の混合ワクチンを打っていることが必要だというのも注意点です。

次に多いペット保健の加入時の条件の注意点はペットが健康であること、 介護をする、または介助する業務に携わる動物でないことがあげられます。 上記に当てはまるペットの場合、ペット保険に加入できないケースが多いということを 注意点として押さえておきましょう。

更にペット保健加入時の注意点は、過去半年に特定疾病をわずらっていないかなどが 条件のペット保健会社もあります。フィラリア、悪性腫瘍、心不全といった特定疾病をもつ ペットはペット保険に入れないケースが多いので、これも加入時前に ペット保険会社の条件をよく確認する必要がる注意点となります。

ただ、ペット保健会社により加入時に上記の特定疾病があっても加入できることが ある場合もあります。ただ、特定疾 病があっても加入できるペット保険の注意点は、 掛け金が割増になってしまうシステムが多い、という のもありますので、この点も しっかり確認しておく必要があります。どのような病気をもっていたら、どのくらいの料金が 割増になるか、などもしっかり聞いておきましょう。会社によっても違いますので、複数の会社に問い合わせるとよいでしょう。 ただやみくもに全ての会社に一括資料請求などで、問い合わせをすると一日中電話がなりっぱなしになりますので、ある程度の 目星をつけて一つずつ会社に問い合わせをして詳細を確認しましょう。


ペット保険の保険料

ペット保険の保険料

さて、ペット保健の加入時の保健料ですが、安いペット保健は月額2000円位から存在します。 ですが注意点として、ペット保険加入時の年齢、サイズや体重などの条件で 保険料が異なるのも注意点です。ケースによりペット保健料が加入時に20000円をこすとともあるので、 ペット保健の加入時前に保険会社のホームページや資料請求などで、きちんと確認しておく必要があるのも 注意点となります。

例えば、犬のペット保健の保健料は体重で決定することが多いので、加入時にはこの点を基礎知識として 覚えておくと便利です。ペット保健の加入時に犬の体重が軽い、つまり年齢が若い段階でペット保健に 入れば、ペット保険料も安くなるのです。

ただ、ペット保険の加入時の注意点で保健料が最初は格安でも、ペット保健に加入したペットが年齢を 1つとるたびに保険料あがるといった種類もあります。ペット保健の加入時前に、この点も確認が 必要です。保険料の変わる率もペット保険会社により変わりますので、ホームページや資料請求などで しっかりした確認をする必要があるのも注意点です。

ペット保険料が加入時から変化するのは、ペットが高齢になれば、その分死亡率も高くなる、 というのが主な理由です。このタイプのペット保険はペットが高齢になれば保険料も 高くなるというのがデメリットですよね。ただ、ペット保険が加入時から変わらないタイプは 最初から保険料の高めに設定されている、というのも注意点として押さえ、どちらのタイプ にするか判断する必要があります。素人ではすぐにわからずに、契約してしまいそうになりますが、この 基礎知識をしっかりと踏まえて、しっかりと判断しましょう。特にご自身のペットに絶対必要な内容だけは必ず 押さえないと入る意味がありません。

ペット保険の入会費、年会費

ペット保険の入会費、年会費

ペット保険の加入時に保険金以外にも費用の準備をしなければならない会社があるので 注意点として知っておきましょう。その費用は2種類あり、年会費や入会金になります。 ペット保険に加入するという事は共済会員にもなる、ということになるので年会費を 払わなければ、ならないこともあるのです。

ただ、ペット保険の会社によっては、加入時に入会金も会費も必要ない所もあるので、 様々な会社を調べておく必要があるのも加入時前の注意点です。ペット保険の年会費のみならまだ 良いですが入会金まで必要なのであれば保険料以外に予想外な費用がペット保険の加入時に 必要なので注意点として押さえておきましょう。

更にペット保険加入時に1つ確認する注意点は、入会金や年会費は飼い主に対するのか、 ペット1匹ずつに必要なのかにより大きな差額が出て異なるということです。 例えば、ペット保険の入会金と年会費の例をご紹介すると、 アニコムというペット保険会社は 3000円入会 金が飼い主1人に必要で、年会費は必要ありません。個の会社は年会費が必要がない、というところが メリットになりますよね。このように会社により料金体系が違うのでしっかり確認しましょう。

次にアイペットクラブという会社は入会金がペット1匹につき2800円必要で、さらに 1匹につき月会費が200円必要です。PSクラブというペット保険会社は入会金は3000円、 年会費は必要ありません。このように3つのペット保険会社を比較しただけでも 特徴が異なります。先にも述べましたが、事前にしっかりとペット保険会社のホームページや資料で 加入時前に確認しておくことが注意点になります。月会費は少額とはいえ、毎月の問題ですので、 長年利用すると当然高くなってしまいます。ですので、この点もしっかり考慮に入れて、ペットの寿命がどの位なのかも 考えながら選んでいきましょう。

ペット保険の保障タイプ

ペット保険の保障タイプ

次のペット保健の加入時に知っておきたい注意点は保障タイプが3種類あることです。 受け取る給付金が保障タイプにより異なるので、ペット保険の加入時前に注意点として 知っておきましょう。このような種類がペット保険にあることはほとんどの方が 知らないのが現状です。

まず、1つ目は定率保障、2つ目は定額保障、最後に実額保障 という3種類です。ペット保健の加入時に、3種類のどれに加入するかで、 実際の給付金がどの程度受け取り可能なのかが異なる事をペット保健の加入時の 注意点として覚えて下さい。多いようですが、このくらいの種類は最低限の知識として必要なのです。

定率保障は、必要なお金に対し、決定された保障率で給付金がもらう事が可能なタイプ のペット保険です。ペット保健の加入時の保障率が50%で、治療費に5000円払ったのなら 50%である2500円給付金が受け取れ、残った2500円は実費の扱いになります。 次に定額保障のタイプは、1回の治療費がどれほどかかった事は関係なく、1回の治療に 対して最初に決定されたお金のみを給付金でいただけるペット保健の種類です。 このように治療ひとつに対しても保障内容が変わってきますので、あとで後悔しないように 契約前にしっかりと確認しておく必要があるのです。

最後のペット保健の実額保障タイプですが、これは保険限度額まで全額給付金で受け取りが出来ます。 つまり、ペット保険 加入時に、1日に1万円と決めていれば、1万円、5千円と決めていれば、 5千円がもらえる、という仕組みです。3種類のペット保険 のタイプを説明しましたが、 どれも受け取り額や率が高ければ、その分保険料も高くなるので、加入時によく確認の 必要 があるのも注意点です。どの受取をより高く設定し、必要ない部分を低く設定するかによってもペット保健の値段は変わってきますので、 しっかりと相談して納得するまで契約をしないのもペット保健の加入時の注意点です。間違っても営業マンに言いくるめられて、その場で サインしたり契約したりするのは避けたほうがよいです。最低数社で話をきくようにする必要もあります。本当に自分のペットにとって必要な部分だけを カバーしているものを選ぶようにしましょうね。会社の口車にのって余計な特約などつけていたらとんでもない額になってしまいます。 素人の人が知識のある人に頼んだところ、必要なものだけ選んで額が半分以下、ということもよくあります。

ペット保険の免責

ペット保険の免責

最後にペット保険の加入時の注意点として免責という物があります。免責とは自己負担 することになる、という意味です。例をあげると、これからペット保険に加入の申し込み をしたいが、ある病気を患っているペットを保険に加入させたとします。 その際にペット保険の免責にその病気が含まれている場合は、そのペットがその病気で 入院や手術をしても、保険対象外になる、ということです。

ですので、病気を患っているペットの場合は、そのペット保険で免責になる病気を しっかりと 加入時に確認しておく必要がある、というのも注意点になります。 病気を患っていない場合でも、免責 になる病気をペット保険加入時に確認して おかないと、いざ病気になった時にその病気で保 険金がでない、というケースもあるので注意点として押さえておきましょう。この点に関してはペット保健に関して一番 多いトラブルとなっています。飼い主側の責任問題ですので、加入前にしっかりとこの点を確認する必要があります。

またペット保険の免責の種類で免責期間というものが設けられているのも注意点として知って おきましょう。免責期間というのは、加入後ある一定の期間、給付金がもらえない期間のことです。 例えば、ペット保険に加入してすぐにケガをしたり、病気をした場合で、もしそれが、免責期間 中であれば、残念ですがペット保険の給付金をもらうことができません。 大半のペット保険ではこの免責期間があるので、どのくらいの期間なのか加入時前に確認 しておくことも注意点です。この免責期間は人間の保健にもあるもので、ペットにも実はあるのです。

一般的にペット保険の免責期間は数十日でさほど長くありません。 しかし、運悪く免責期間中に病気やけがをした場合はペット保険に加入し ていても保険適応にならず、自費になってしまうので、ペット保険に加入し、 免責期間中は特にペットに対して注意しておかなければ、なりません。 このように免責期間というのは多くの方が知らずに、損をしてしまうケースがある事例になりますので、しっかりと確認する必要があります。 また、免責期間の長さも会社によって様々ですので、希望の会社にしっかり確認しましょうペット保険で注意しなければいけないトップ3位に入るほど、この 免責期間は大事な項目です。。 最後にペット保険の加入時、加入時前の 注意点をいくつか紹介してきましたが、 飼っているペットにピッタリのペット保険選びのご参考になれると幸いです。

メインコンテンツ
ペット保健に加入時の注意点
コンテンツ

基本知識

ペット保険は、ペットを加入させる保険の事をあらわして居ます。人間が怪我したり、病気をわずらっ….

続きを読む

ペット保険の必要性

ペット保険に必ずしも入る必要があるのか?とイメージする人もいるでしょうが、必ずという訳ではな….

続きを読む

ペット保険の掛け金

ペット保険の掛け金は同様の掛け金を1か月ごとに支払いますが、どういった基準で決定されるのか言….

続きを読む

コンテンツ
コンテンツ

保障内容

ペット保険の保障のシステムは保険によりとても大きく異なりますが、大きく分けたら医療費、 けが….

続きを読む

ペット保険選びの基準

ペット保険の選択は色々と困難な点がありますが基準をちゃんと分かっていればスムーズに事が進みま….

続きを読む

選び方のポイント

ペット保険を選択する方法ですが、ペット保険は様々な種類があり、会社も色々です。 保険を選択す….

続きを読む

コンテンツ
コンテンツ

トラブル

現在、ペット保険の歴史は日本では、ぜんぜん浸透しておらず、ペットブームからの、見直され、….

続きを読む

猫のペット保険

猫を飼育している家庭も多い世の中ですが、ペット保険で安心を得ませんか? ペット保険と猫につ….

続きを読む

ペット保険の比較

ペット保険の比べ方ですが、今からペット保険に加入を考えているのであれば、様々な所を比べ ペッ….

続きを読む

コンテンツ
コンテンツ

資料請求

ペット保険の資料請求に対してですが様々な会社と比べたのちに決定したいと感じる人も沢山いると ….

続きを読む

お得なペット保険

ペット保険に加入したいけど、少しでも得を得たいと思っている人に進めるものがあります。 それは….

続きを読む

自動車保険とペット保険

話が変化しますが、自動車保険にペット保険が一緒のシステムがありますが、ペット特約となったもの….

続きを読む

コンテンツ
コンテンツ

アリアンツペット保険

アリアンツペット保険は犬と猫が対象のものです。アリアンツといった保険会社は日本は あまり聞く….

続きを読む

ペット保険ランキング

ペット保険はペット最初にを考えるて入ると絶対に効果的だとおもいますが、案外未加入の人も 比較….

続きを読む

コンテンツ